Angelia Williams
Both Sides of Love
【Tracklist】
01. Love: The Good Times
02. Bliss
03. Irreplaceable Love
04. Heartbreak: The Bad Times
05. Hurts so Bad
06. Moving On
07. Stay: The Interlude
08. Can We Try Again
09. Without You
【Biography】

14歳にして"Tamara and Angie"のTourに帯同する機会を得、1992年から約10年に渡りBalm Of Gilead International Ministryを中心にWisconsin州 Milwaukee地区の教会にて聖職者として仕えたAngelia Williams。2002年以降は暫く歌手活動を封印、ウィスコンシン大学で学位を取得するなど音楽指導方面へと傾注し Tennessee州 Nashvilleに自身の名を冠した「The Voice Studio of Angelia Williams」を設立。その丁寧かつ適切な指導方法は評判を呼び、2013年から4年連続でNashville's Best Award Vocal Coach部門にて受賞を果たします。昨年はBen Tankard一家を描くBravo TVのReality Show「Thicker Than Water (Season3)」へも出演するなど露出度を一層高める中、Debut EPとなる「Both Sides of Love」をリリースしてきました。持ち前のMezzosoprano声域のVocalが導くNew Soul風味の楽曲群揃う良盤、今後の更なるBreakにも期待が寄せられます。

【試聴】
Tyrone Van Buren
That Secret Place
【Tracklist】
01. That Secret Place
【Biography】

Louisiana州 New Orleans出身、現在はHarveyに拠点を置くという以外の詳細なBioは把握出来ていませんので分かり次第追記します。

【試聴】
2017
Can We - Single
Antun Foster
Past-Present-Future
【Tracklist】
01. Welcome to the Lab
02. Larger Than Life (Feat. Kaija Hayes)
03. Leap for Joy (Feat. Dodi Alexander)
04. Believe (Feat. Bslade)
05. The Passion (Feat. Jfella)
06. When Only God Knows
07. I Can Hear You Calling Me
08. Let Us Come (Feat. Bishop Alvernis Johnson)
09. You Alone Are Worthy
10. Let Your Will Be Done
11. He's Coming on a Cloud (Feat. Terrell Carter)
12. He Can
13. Through the Night (Feat. Gia Wyre & Chiffon McNeal)
14. Working My Way Back to You (Feat. Kuipiio Livingston)
15. When the Righteous Cry (Feat. Chiffon McNeal & Benard Hailey)
16. I've Got a Feeling (Feat. Tamieka Hall-Lowe & Marcus Blunt)
17. Your Will (Reprise)
18. Take Me Away (Feat. Kuipiio Livingston)
19. He's Here Tonight (Feat. Melody Whitsett)
【Biography】

15歳にしてElbernita "Twinkie" Clarkから才能を認められ、"Clark Sisters", "Winans", Donnie McClurkinのTour帯同やStevie Wonder, Kirk Franklin, Donald Lawrence等と仕事を共にする機会を得たMichigan州 Detroit出身のAntun Foster。制作陣としてもBillboard ChartにてNo.1獲得及びGospel界の名誉 Stellar Awards "Song Writer of the Year"部門へのノミネーションを果たしたVicie WinansのAlbum「Bringing It All Together」に関与。今回紹介する「Past-Present-Future」は過去に率いていた"Antun Foster and Chemistry"のお蔵入り楽曲群も収録されていると思われ、Terrell Carter, Kuipiio Livingston, Chiffon McNealといったGuest Vocal陣にも注目の1枚となります。

【試聴】
Connie Harvey
We've Got the Power
【Tracklist】
01. We've Got The Power
02. Thank You Lord
03. Lift Me Up
04. Make Sweet Music
05. Love One Another
06. Make A Joyful Noise
07. Thank You Lord (Muscapella Mix)
【Biography】

North Carolina州 Scotland Neck出身、思春期を過ごしたNew York Brooklyn地区ではSecond Saint James Disciples of Christ ChurchのChoirや劇団「Negro Ensemble Company」に所属するなど歌唱技術や演技の鍛錬を積んだConnie Harvey。



地道なStageを重ねる日々の中で偶然が偶然を呼び、幸運にもSoul/R&B史に確かな足跡を残す"Little Anthony and the Imperials"の結成時メンバーであるErnest Wrightや"The Crest"のJT Carterから実力を認められ貴重な共演機会を得た後、GSF Recordsとの契約締結(Debut曲はGeorge Kerr制作によるConnie Laverne名義でのCan't Live Without Youか?)や"Ecstasy, Passion and Pain"の代表曲「Passion」「It’s A Shame」「Dance The Night Away」にてVocalを務めるなど一気に知名度を高めます。



以降の活躍は目を見張るものがあり、親友Jocelyn Brown「Somebody Else's Guy」を筆頭にTeddy Pendergrassのお抱え女性Backing Vocal Trio"Teddy Bear"一員, Michael Jackson, Reddings, Stacy Lattisaw, Alyson Williams, Billy Idol, Steve Winwood等に加え、80年代後半にはLarry Lavann等の作品にFeatureされるなどHouse/Garage界隈からも絶大なる支持を得ます。近年はGospelへと舵を切り、迎えた2017年新作「We've Got The Power」を完成させてきました。長年のキャリアに裏打ちされた熟練のPowerfulなVocalが導くHouseからSlowまでVarietyに富んだ1枚となります。

【試聴】
2011
If He Did It For Me - Single
Troy Ellis
You Still Loved Me
【Tracklist】
01. I Need You
02. I Surrender
03. You Still Loved Me (Feat. Day Day Nixon & Jameke Harris)
04. For What You Did
05. I Trust You Lord
06. No One Greater
07. I'll Be Right There
08. You Are Holy
09. I Will Worship You
10. Praise Break
11. Personal Worship
【Biography】

詳細なBioはこちらの過去記事を参照下さい。

【試聴】
2016
Favor of God